自己分析①

「好奇心が人一倍強く、いつも夢を求める冒険家タイプ。常に新しいものに没頭する一方で、古いもの好き。心の問題に関心を持ち、教祖的な存在になる人もいる。内向的で神経質、人間嫌いな面もある。一つのことに没頭するタイプで、良くも悪くも吉凶が表面化しやすい傾向がある。」~とある本より

 

 

はい、その通りです。

 

 

小さい頃から好奇心旺盛、常に夢を追いかけてます。もちろん今でもそうですよ。一度の人生だし、僕は実現不可能と言われるほどの夢がないと生きていけないのです。新しいものにまるで子供のように没頭している。僕はそれでいいと思っている。大人になると皆落ち着いて静かになっていくけど、それはそれでなんかつまらないと思う。没頭することは大人になっても必要なことだと思う。古いもの…いまだにガラケーを愛用していることかな(笑)。スマホは大きいし、よく落として割ったりするから、ガラケーほど便利なものはないと思う。僕はズボンのベルトのところに金具でつるしている。心の問題は確かに心理学には関心あるから本は読んでいる。内向的かもしれないけど、人間嫌いかなあ? 嫌いではないけど一人で静かにコーヒーを飲みながら読書していることが多いね。旅先とかで枕が変わると眠れないみたいなところは確かにある(笑)。でも神経質さは以前と比べてだいぶ消えている気がするなあ。最後の、良くも悪くも吉凶が表面化しやすい…。僕のこれまでの人生が上下左右に激しく揺れ動いていることからするとその通りかも。怖いくらいに当たっている。でも、いいんだこれで!

 

 

僕は、心は二十歳のチャレンジャーだ!もっと冒険しよう!

 

 

僕は、そうしてきた