手帳/2015年4月27日

2015年の手帳。4月27日の欄には…

 

 

2015年4月27日 月曜日 晴 体調良好 出発8:00 帰宅21:(分の部分が書き忘れで抜けている) 起床7:30 就寝23:00

 

 

この日の勤務時間は9:00~18:00。僕たち旅客関係地上職の同期6名の他、他部署の新任者を含めた総合研修のようなものが思い出の地である研修センターで行われました。「go enjoy」9:30~15:00、「SSQA Sesson」15:00~17:30。トレセン09:30、と記されているから、研修センターではなくてトレーニングセンターっていうのが正しい表現なんだね。

 

 

手帳にはしっかりと大好きなあの人の名前が、それも2ヵ所に書かれています(笑)。そして「ディナー会」と記されています。そうです、この日は、最初で最後の同期会をした日です。

 

 

この日…。僕は車で8時25分に空港に到着しました。「なぜ研修センターへ直行しないの」と思われるかもしれません。いえいえ、そんなことはできません。大好きなあの人と時間と空間を共有できる絶好のチャンスじゃないですか! 「いつもの場所でお待ちしてます」と大好きなあの人へメールで連絡し、待ち合わせ場所で待機しました。あの時のドキドキ・ワクワク感は今でも忘れません。8時38分に空港に着いたと連絡があり、その後同期の3人を僕の車に乗せて研修センターへ向かいました。同期が集まるのは新入社員研修以来なので本当にうれしかった。そして、大好きなあの人と再び同じ時間と空間を共にできることに心から幸せを感じていました。

 

 

この日の研修では一人一人が前に立って自己紹介みたいなことをしたり、グループに分かれてディスカッションしてそれを発表したり、安全に関する講義を受けたりしました。自分がどんなことをして何を話したのかもよく覚えています。ちよっと恥ずかしかった(笑)。とても有意義な研修でした。

 

 

研修終了後、いつものメンバーで帰宅しようとした時のこと。久しぶりに同期が集まったせいか、同期の女性陣はなにやら話し込んでいました。その時僕はそばにいて話が終わるのを待っていました。実はこの時、僕は心の中で感じるものがあったんです。それは、「話してみたい。今日を逃してしまったら二度とチャンスはないかもしれない…」。その後に突然起きる悲劇を心のどこかで察知していたのかもしれません。だから突然僕が言い出したんです。「何かおいしいもの食べに行きませんか?」。結果としてこれは正解でした。

 

 

最初で最後の同期会。インターナショナルガーデンホテル成田のAVANTIというお店でした。ここも僕がよく利用しているレストランです。ホテルなのでバイキング形式だけど、ここの雰囲気もなかなかいいんです。ここはたくさんの外国系エアラインが利用していて、☆彡のクルーも泊まっています。レストランでもよくお姿をお見掛けしますね。外国の方が多いので、日本にいながら海外にいるような感じです。

 

 

4人掛けのテーブルに4人、大好きなあの人とは対角線上に。真正面に座りたかった…(笑)。やはり女性です、女性同士で話が盛り上がってました。僕はそっと話を聞いていました。というよりは、度胸がなくて話すことができずにそっと見つめているだけでした。「〇〇(僕の名前)さん、全然話してないじゃないですか?」と同じ班にいる同期に言われてしまいました。いいんです、そっと見ているだけでも…。

 

 

今だから言えること。僕は密かに大好きなあの人に恋をして、その想いは日に日に強くなっていました。でもその一方で、もう一つの思いも湧き上がっていました。それは、「こんな僕がこの人に想いを伝えてしまったら、僕はこの人の人生を大きく狂わせてしまうかもしれない…」。僕と大好きなあの人とは生まれ育った環境があまりにも違い過ぎている、年齢や今の状況を考えれば「これは絶対に許されない恋なんだ」と。2つの思いが思いっきりぶつかり合っている時期でした。本当に苦しかった。ものすごく苦しみました。「想いを伝えてこの人と一緒に人生を歩いて行けたら…。でも仮にそうなったらこの人の人生を大きく狂わせてしまう、この人の人生を狂わせてはいけない」。その後、「この人の人生を狂わせたくない」という思いが徐々に僕の心の中で強くなっていきました。そして「これは絶対に許されない恋なんだ」と、自分で自分に言い聞かせるようになりました。本当に辛く、心が痛かった…。

 

 

楽しい同期会も終わり、僕の車で同期3人をお住まいまでお送りしました。僕の車で同じ時間と空間を過ごしたのはこれが最後となりました。自宅までの帰路、ものすごく寂しかったことは言うまでもありません。 

 

 

あれからもう3年…。でも僕は頑張る。再会の日が来ることを信じたい。