暴食団(^^♪ ②「DeLICiEUX」

f:id:sswtr2911:20180821090655j:plain

恋煩いですっかり細くなってしまったウエスト。元々が痩せ過ぎなのに、男が見事な「くびれ」を作っても仕方がない…。最近は自室にこもって作業ばかりしていたから気分転換もしたい。なので、ランチタイムにイオン成田にある「DeLICiEUX」へ行ってみた。今日は食べてみようかな。

 

 

「DeLICiEUX」は、デリシューと読みます。いわゆるビュッフェスタイルのレストランです。気にはなっていたけど、行くときは誰かと一緒に…なんて考えていたら全然行けなかった。

 

 

イオン成田という場所柄、利用客がとても多いので店内の写真は撮影できなかったけど、とてもきれいでおしゃれなお店です。ビュッフェの内容もホテルとほとんど変わりません。焼きたて、出来立ての料理が出ると店員さんが声掛けをしてくれるので、結構たくさんの人が取りにやってきます。どのお料理もおいしかったですよ。

 

 

f:id:sswtr2911:20180911103204j:plain

 さてさて、僕は2皿でもう食べられませんでした。1皿はロールパン2個だったし、山盛りにしたわけではないから、「食べるぞ」という割には全く食べていないことがわかります。恋煩いが長期に亘り、本当に食べられなくなって長いから、胃も小さくなってしまったのかな。僕は元々食べるのが好きで、アメリカにいた時は毎日3食ハンバーガーや肉料理なんて当たり前だったし、日本でも旅先に行ったりしたら食べ過ぎるくらい食べてました。普段でもそうでした。それでも全然太らないんです。昔の僕ならまだまだ食べていましたね。恋煩いは本当に恐ろしい…。

 

 

その代わり、いつものお約束の「コーヒーを飲みながらの読書&瞑想」のお時間です。今日のお供は恋愛系の本です(笑)。タイトルは恥ずかしいのでご想像にお任せします。リアルな話、いろいろと考えさせられる本でした。

 

 

以前誰かに「結婚して二人で暮らすってことは、相手のいい部分だけでなく、嫌な部分も含めて全てを受け入れるということなんだよ。できるの?」というようなことを言われたことがあります。本当にできるのか?と考えた時、今の状況はそのための準備期間なのかもしれない、と思いました。どんなに辛くても、どのような環境にあっても、耐え忍び、不動心でいること、それで受け入れる力を養うことができる…。恋煩いなんて言ってられない、頑張らないと。

 

 

元を取るどころか大損だったけど(笑)、楽しい、いい時間を過ごせました。