手帳/2015年6月8日

2015年の手帳。6月8日の欄には…

 

 

2015年6月8日 月曜日 晴 体調良好 起床09:00 就寝0:00

 

 

この日の勤務時間は12:00~21:30。「CKIN」、「KIOSK」、「GATE」2本を担当したこと、この日は大好きなあの人とシフトが少しだけかぶったことが記録されています。

 

 

この日の出勤途中に、サイズ補正のために制服の上着とズボンを洋服店に出したという記録があります。前日にズボンを試使用して寸法を確認しているので、この数日前には届いていたのだろうけど、4月1日入社でこの時期に届いているのを見ると、かなり時間がかかってますね。おまけにこの時はまだネームプレートが届いていません。そして、そのプレートをつけることはありませんでした。

 

 

この日の睡眠時間は11+3時間となっているのですが、これは誤記だと思います。日記が出てこないのでわからないのですが、どう計算しても合わないし、あり得ない。

 

 

今日は、昨日に引き続いて「疲労」について。

 

 

「慢性疲労」

①急性疲労が回復するまでの十分な暇もないうちに次の急性疲労が訪れるという状態が繰り返し続くと発生する。

②能力は衰退し、判断力は損なわれ、その結果思いがけない危険を犯すことになる。

③回復には長期の休養が必要である。

 

 

これらも僕には思い当たる節のある項目ばかりです。僕は理想を追い求めて無理に頑張りすぎたために4月末あたりから①となり、5月中には①が悪化して②が発生し始め、6月にはさらに状態が悪化して②がひどくなってきた、という状態でした。本当にこの通りでした。念願の航空会社にやっと入社できたので、あまりにうれしく、張り切り過ぎ、精神論で無理に無理を重ね、頑張りすぎたんですね。

 

 

この失敗を教訓に「不動心」も学びました。うれしい、楽しい、失敗を取り戻すためにも頑張るという気持ちはよくわかる。だからといってリミットを超えることをいつまでも続けていたらいずれ破綻する。うれしい、楽しいなどの感情の上下は抑えつつ、体に負担にならないように無理をしないこと、疲れやストレスを感じたら一旦停止。睡眠時間と良質な睡眠の質を確保し、気分転換やストレス発散もしながら再度進行、それでいいのです。その方が能率もよく、進み具合も早い。末期の僕は無理に無理を続けた結果、時間をかけた割に能率はどんどん低下し、失敗ばかりしてほとんど進まず、もがき苦しみ、どんどん自信を失い、その状態が雪だるまのように膨らんでいって破綻した、ということなんです。

 

 

以前は何気なく「疲労」に関する記事を読んでいたけど、こうして改めて見てみると、本当に大事なことが書かれていたんですね。