手帳/2015年6月13日

2015年の手帳。6月13日の欄には…

 

 

2015年6月13日 土曜日 体調良好 起床(記入漏れ) 就寝21:30 

 

 

この日の勤務時間は04:00~13:30。「CKIN」、「GATE」2本、「KIOSK」を担当したこと、ゲートが2本→1本→2本と何度か変更されたことが記録されています。

 

 

この日の睡眠時間は4時間、「疲労激し」と記されています。寝ても熟睡できず、疲れが取れない状態がまだ続いていました。字体からもかなり苦しんでいたことがわかります。

 

 

この日の前2日間は休日でした。そこには、11日「体調良好 頭痛 朝方目覚めよく眠れず 睡眠8+6」、12日「体調やや不良 頭痛 疲れ 朝方目覚めよく眠れず 睡眠8+2」と記録されています。11日はかろうじて動けたものの、合計14時間も横になっていることからやはり睡眠に重大な問題が起きていたこと、普段はない「頭痛」という身体の異常サインがこの日にはっきりと現れていたことがわかります。そして、12日は久々に「体調やや不良」となってほぼ動けなくなっていたこと、頭痛の他にいつもと違う「疲れ」を感じていたこと、合計12時間も横になるほど継続して睡眠の問題を引きずっていたことがわかります。心と身体はすでに限界を超え、直ちに対応しないと何が起きてもおかしくないとても危険な状態だったのです。

 

 

僕はそれでも頑張ろうとしていました。そしてこの日も「レッドブル」でごまかしつつ頑張りました。こうして、無理に無理を重ね続けた結果、この日から始まる5日間勤務の中で、悲劇を引き起こすトリガーとなる出来事が再び発生することになります。

 

 

返す返すも、この時すぐに気づいて無理をせず、すぐに手を打つべきでした。私にとっても、会社にとっても、本当に不幸なことでした。