静岡空港探検隊~構内道路編~ -END-

今回は外の様子を見てみましょう。

 

 

f:id:sswtr2911:20180821082115j:plain

旅客ターミナル中央付近に1ヵ所だけ駐車場に通じる通路があります。屋根までついてます。この先の屋根付きの広場みたいなところって何に使うんだろう。ずいぶんと広いんですよ。さすがに土地が広いから、駐車場は立体ではなくて平面です。かなり広いから多分停められないってことはないと思います。おまけに駐車料金は無料。

 

 

f:id:sswtr2911:20180901184017j:plain

通路から見た南側です。静岡空港は山の中だから交通手段は車か、バス・タクシーです。そのためバスが結構各地に走っています。外もきれいでしょ。

 

 

f:id:sswtr2911:20180821082203j:plain

 今度は北側です。主にタクシー乗り場となっています。本当に周囲には何も建物がないですよね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180821082237j:plain

 構内南端から見た北方向です。写真には写っていませんが、すぐ右手に管制塔や官署なとがあります。

 

 

f:id:sswtr2911:20180821082308j:plain

 管制塔です。厳密に言うと、静岡RADIOと言います。成田のような大規模空港は飛行場管制所、通称TOWERと言います。静岡は飛行場対空援助局といって、主に航空機の航行を援助するための情報提供や管制機関からの管制承認等の中継を行います。簡単に言うと、成田は「管制官」がいて、静岡は「情報官」という人がいます。これについて話し出すと長くなるので、そのうちお話しすることにしましょう。難しくはありません。単に交通量の規模で決まり、閑散な空港に成田みたいな設備は要らないでしょ、お金かかるし、ってことです。多分レーダーも持っていないはずです。

 

 

f:id:sswtr2911:20180901184117j:plain

構内北端から見た南方向です。成田と違って平和でしょ(笑)。

 

 

f:id:sswtr2911:20180821082349j:plain

 北端の空港進入路です。写真右手には貨物地区とFDAのハンガーがあります。僕のような小型機パイロットはこの近くの秘密の通路から出入りします。この空港、確か牧の原台地の中、新幹線のトンネルの上だったような気が…。間違いだったらごめんなさい。

 

 

f:id:sswtr2911:20180901184209j:plain

南端の空港進入路です。左手にはガソリンスタンドと航空機の燃料タンクがあります。小っさっ(笑)。ここでガソリン入れたら高いだろうね。だってね、燃料の輸送コストが高いから。それだけ市街から離れています。

 

 

実はまだまだ見どころがたくさんあったのですが、着いた時間が遅くてこの時点で既に19時近くでした。時間が押していたのと、この時点で起床後24+10時間となっていて朦朧としてしまい、愛車の中で夢の中へ…。

 

 

ごめんなさい。また行くと思うので、続きはまたの機会に。静岡空港も面白かった。地方の空港もなかなかいいね。結構楽しめるし、景色もいい。

 

 

おしまい