師匠からのメッセージ⑤

f:id:sswtr2911:20180911205740j:plain

暑い日が続きますね。こんな時は、こんな場所で飲むコカコーラゼロがおいしい! あっ、ちょっと浮気してペプシゼロ飲んじゃいました。リアルな話、ペプシとコカコーラはやはりテイストが違う。それでもノンシュガー(炭水化物・糖質ゼロ)にこだわる僕です。どちらかというと、ペプシの方がいいな。でも、あまりペプシは見かけないんだよね、特に自販機は。

 

 

「何事も軽んずれば立つ瀬がなくなる」

「石の塊も弱い人には障害物、強い人にとっては道に置かれた踏み石となる」

 

 

いつも難しい言葉、どう解釈したらよいのか考え込んでしまう。

 

 

「軽んずる」は、軽く見る、軽蔑する、大切なものでないと思う、という意味。「立つ瀬」は、自分の立場、という意味。とすれば、1つ目は「何事も甘く見たら立場がなくなる」ということか。

 

 

2つ目は、僕なりに解釈すれば、例えば僕が善意で何かをやったとして、それを感謝してくれる人もいれば、それを快く思わない人もいる、というようなことなのか。同じ1つの物事でも表裏一体ということなのだろう。

 

 

いずれにしても、この二つをどう解釈したらよいのか、それを実際の生活にどう生かしたらよいのか、いまだに明確な答えを出せていない。ただ、いつまでも考え続けて動けない、ではよくない。失敗を恐れるあまり何も行動できなくなってしまったり、あまりに慎重になりすぎて石橋を何度も何度も叩いて渡るようでは本末転倒とも思う。

 

 

僕はもう失敗を恐れない。失うものなんて何もない。勇気を出して思い切って行動してみよう。動きながら考えよう。