御神籤@三嶋大社

f:id:sswtr2911:20180823082111j:plain

三嶋大社で引いた御神籤です。今回はどうでしょうか。では見てみましょう。

 

 

「運勢」

何事も形のうえではうまくいきそうですが、答はなかなか手にしにくい。いささか欲求不満の気配が見える時です。

こういう時には、無理をしてまで大きな問題に取り組もうとせずに、日常の事を1つずつていねいに片づけていく方がよい。消極的にみえるがしばらくは低姿勢を保ち、開運の時を待ちましょう。

→上段の部分、これは今の僕の状況を言い当ててますね。今3つの願いを叶えるべく行動しているけど、確かに形の上では「行動」はうまく動いているようには見える。だけど、ゴールがなかなか見えてこない。今年2月から動き始めているが、結果(=答)はまだ得られていないし、得られる見込みも全く不明なことから、「答をなかなか手にしにくい」のも当たっている。「欲求不満」は100%当たっている!(笑)。正直ストレスは半端ないから、心と身体にいろんな現象が現れてきてるよね。

 

 

「仕事・交渉・取引」

この際は大きな問題に手を出さぬこと。気苦労が多く出費もかさむ。小さなミスの続発に注意せよ。

→大きな問題、は今のところないね。というか、大きな問題って何だろうね。これから先、何か起きるのだろうか。

 

「愛情・縁談・恋愛」

あと一歩踏み込めない。どこか打ちとけない状態。このままでは気まずくなる。縁談はもう少し様子を見よ。

→一番気になるところだよね。まず「縁談」の部分。僕への縁談は状況から言ってまずあり得ないし、あってもお断りすると思います。今は心に決めた大好きなあの人がいるので。「縁談」以外の部分、これはそうかもしれないとは思う。正直言うと、今アプローチはしているが全く反応がないので次のアクションができない。そういう意味では「あと一歩踏み込め」てないのかもしれない。まずは大好きなあの人と話してみないことには始まらないのに、話すどころか再会すら叶っていないからね。

 

「健康・病気・療養」

何事にも無理をしないこと。腹八分目がよい。病気はもう一度別の角度から診察を受けてみるとよい。

→恋煩いによる激やせを除けば今のところ健康に関する問題はないな。じゃあ、激やせを病院で見てもらう? 恋煩いだからねえ(笑)。医師から「見てもらう相手を間違えてないか?」と言われて終わりだと思うけど…。

 

「学業・技芸・試験」

高望みをしてはいないか。今のままでは合格はかなり困難。分相応のところへ目標を置き換えるとよい

→今のところ、これに該当することはないな。「高望み」って言うのが気になるね。

 

 

運勢は「末吉」だって。前回の箱根神社での「中吉」はビミョーみたいな感じだったけど、「末吉」ってほとんど「チーン」状態じゃないの?

 

 

「このおみくじをひいた人は、自分の必要とする項目をよくお読みください。吉なればさらに幸を増し、たとえ凶なりとも日々努力することによりその身に吉が訪れます」と御神籤の冒頭に書かれているけど、そうなんだろうね。「当たる・当たらない」で御神籤を見るのではなく、良い運勢の時にはマイナスなことに気をつけ、悪い運勢の時にはプラスの点に目を向けて好転を図れってことなんだね。

 

 

頑張るか…