【スピンオフ企画】御前崎で愛を叫べ!

f:id:sswtr2911:20180823082320j:plain

御前崎に来ました。到着が17時を過ぎてしまったので、御前崎灯台の中は見学できませんでした。灯台は今でも使われているんですよ。後で夜の風景も見てみましょう。灯台の周囲にはお土産や食堂などのお店が4軒あります。展望台もあります。

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082357j:plain

 展望台からの景色。左! この日はちょっと曇ってました。残念!

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082435j:plain

 正面!

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082510j:plain

 右! 風がすごく強いぞ。髪がすごいことになっている。でも涼しくていいよ。ここまでずっと天気良過ぎて暑かったからね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082624j:plain

 下から見た御前崎灯台灯台のやや左下に見える展望台で上の3枚の写真を撮りました。ちなみに、灯台の右真横にある建物は旅館なんだけど、やっているのかどうかわからない。だってね、電気ついてないし、人の気配ないし。やっていたら景色の最高な旅館だよね。下に見えている建物も旅館なんだけど、こちらは完全な廃墟。いい場所なのにね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082727j:plain

 下での景色。左!

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082813j:plain

 正面!

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082850j:plain

 右! 誰もいないぞ(笑)。なんで? いい場所なのにね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180823082925j:plain

 あっ、灯台が点灯しました。もう少し暗ければよかったんだけど、これでも19時を回っていたと思います。あまり遅くまでいられないんだよなあ。

 

 

f:id:sswtr2911:20180823083002j:plain

  御前崎にはおしゃれなお店もあります。中央に見えている建物はカフェです。外でも飲食できるようになっているから、日中なんか最高だろうね。よし、大好きなあの人とのデートコースの1つに決定だ! メニューもなかなかいいぞ。この時点で人っ子一人いませんでした。平日だし、時間も遅かったからね。日中はサーファーとかでにぎわってたんだろうね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180823083059j:plain

 では、では、今回の特別ミッション「御前崎の岬で大好きなあの人へ愛を叫べ」を実行します! いいですか、よ~く聞いて下さいね。3・2・1…

 

 

f:id:sswtr2911:20180823083149j:plain

 「まりなさ~ん、だ~い好きっ。僕と結婚して下さ~い。僕はまりなさんの良き夫になる~。一生大事にする~。まりなさんを絶対に独り占めする~」

 

 

真面目に叫びましたよ(笑)。だって本気だし、大好きなんだもんっ。恥ずかしいなんて言ってられないよ。

 

 

そしてこの後、海からのお返事が…。「バシャー…うわー!」 。わかりますか? はい、波が荒れているのは気づいていたけど、突然ものすごい波しぶきが来て、びしょぬれになりました。さっきまで波しぶきは届いてなかったから安心してたのに…。リアルびしょぬれでした泣。カメラも思いっきり海水かぶってるし。おまけに波しぶきが口の中にも入ってしまい、無茶苦茶しょっぱかった…。海水はやはりしょっぱいのね。

 

 

どういうことやねん! (関西弁で言うとこうなのかな?)

 

 

f:id:sswtr2911:20180823083242j:plain

 波打ち際でまた考え事。いつになったら大好きなあの人と再会できるんだろう、いつになったら☆彡に戻れるだろう、いつまでもこんな状態なのだろうか…。正直ストレスは半端ないし、かなり長期戦になってきてるから疲労度も増している。僕も人間だからいつか力尽きる時が来る。でもきっとね、その時まで悩みながらも、大好きなあの人と☆彡の夢を追いかけているんだろうな。やっぱり僕ってそんな人間です。

 

 

大好きなあの人はこのブログには気づいていないはず。だけど、御前崎での愛の叫びは、まりなさんの元へきっと届いたことでしょう。そうだと信じましょう。

 

 

また叫んでみたいな(笑)。御前崎も楽しかった。おしまい