ヒスイ海岸ではこんなこともやってました…

初めて海で、それも日本海で一夜を過ごします。

 

 

f:id:sswtr2911:20180814114630j:plain

真っ暗です。これから糸魚川市内の温泉に向かいます。ここから車で15分ほど走ったところにあります。

 

 

f:id:sswtr2911:20180905100023j:plain

フォッサマグマ糸魚川温泉・ヒスイの湯です。ここは北アルプスが望めるらしいのですが、真っ暗で何も見えません。到着が遅くて約2時間ほどしか滞在できず、写真もバタバタなのとあまりに真っ暗なので撮影できず泣。

ここのお湯、子供の頃に使っていた「粘土」のニオイがすごくするんです。成分のニオイなので問題はないんだけど、粘土のニオイってちょっと強烈ですよね。なので、ほとんど露天風呂にいました。いやあ、夏だから外は気持ちがいいですねぇ。これでお酒でも飲めたら最高なんだけどなあ。

 

 

f:id:sswtr2911:20180824105459j:plain

22時現在のヒスイ海岸です。「何も写ってないじゃないか!」、「真っ黒だけど撮影ミス?」と思われるかもしれません。でもこれがリアルの世界です。海岸には街灯がなく、本当に真っ暗なんです。ちょっと先には7-11があるけど、もちろん明かりは届きません。民家も少し離れたところだし、周りには何もないし。

 

 

ここで仮眠はリアルに危険なので、ここから8号線を東方向へ25キロほど走ったところにある「道の駅・うみてらす名立」へ一旦避難です。ここも海に面しているのですが、設備が整っているし、人もいるので安心です。23時45分に出発して、現地に0時26分に到着、移動距離は25.4㎞。かろうじて海で操業している船の明かりは見えていたから、それはそれできれいでしたよ。夜でも船ってたくさんいるんだね。

 

 

すみません。道の駅・うみてらす名立で写真を撮るのをすっかり忘れてました。この日は仮眠も取らずに走りっぱなしだったから、この時点でかなり限界でした泣。道の駅は深夜の滞在にも対応できるように、飲み物はもちろんのこと、場所によってはラーメンやスナックなどの自動販売機が24時間稼働しており、お手洗い・洗面スペースも常時利用可能です。明かりのついている休憩スペースがある場合もあり、ここにはそれらがありました。僕が着いた時にはかなりの車が止まってましたね。

 

 

ここでコーヒーを飲みながら少し整理。きれいな夜だなあ…。そして、いつの間にかスイッチが切れてました。

 

 

4時07分、道の駅・うみてらす名立を出発。ヒスイ海岸へは4時39分に到着。移動距離24.8㎞。2時間ほど夢の中だったようです。この時間になると、東の空は少し明るくなってきます。

 

 

f:id:sswtr2911:20180902105619j:plain

おはようございます。7月25日、4時39分です。気持ちのいい朝ですね~。さすがにこの時間は涼しいですよ。あれっ、もう車が止まってる!

 

 

f:id:sswtr2911:20180824105601j:plain

 日の出前のヒスイ海岸です。もうちょっと早く来るんだった…。

 

 

f:id:sswtr2911:20180824105645j:plain

 西の空です。あっ、誰かいますよ。釣りをしてますね。こんな朝早くからやってるんだ。

 

 

f:id:sswtr2911:20180824105719j:plain

 さてと、波打ち際に行きましょうか。あっ、太陽が出て来ましたよ。雲の形も素敵だ。今日は何かいいことありそうだ! 成田は今どうなんだろう。 

 

 

f:id:sswtr2911:20180804184220j:plain

 ここで7時まで過ごしました。この時点で、大人の男女4~5名がまた貝殻を拾いに来ていました。不思議なんですよね、みんな夢中で袋いっぱいに拾ってるんですよ。なぜなんでしょうね。

 

 

僕は恥もプライドもありません。せっかくだから、この朝も海に向かって叫んじゃいましょう。突然ですが、いいですか、よ~く聞いて下さいね。3・2・1…

 

 

f:id:sswtr2911:20180905100528j:plain

📣「・・・さ~ん、僕は必ず☆彡へ戻るからね~・・・・・・・・・・・・・・・・」

※事情により叫んだ内容は伏せさせていただきます笑。 

 

 

f:id:sswtr2911:20180824105806j:plain

この地を離れるまでコーヒーを飲みながらいろいろと考えました。「この人またバカなことやってる」って笑われているかもしれないけど、こう見えても僕は真面目に考えていますよ。僕のように物事にこだわる人がいたら、「あの人怖い」なんて言う人がいるかもしれないけど、それはそれで一つの考え方だとは思う反面、「こだわることが何がいけないの?」、「何が怖いの、どこが怖いの?」とも思う。そのうちこれらにも触れてみようかなと思います。

 

 

おしまい