【スピンオフ企画】久能山東照宮~2018/08/17

f:id:sswtr2911:20180820133039j:plain

静岡市駿河区久能山東照宮に来ました。山の頂上(標高216m)にある徳川家康の神廟まで1,159段の階段を登ります。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820141817j:plain

ちょっと後ろを振り返ると…。いいんじゃない、この景色。こんな神社も初めてだね。この日はカップルがなぜか多かった。デートコースってわけではないようだけど。みんなお幸せにね。僕も大好きなあの人と幸せになります、結婚式にぜひ来て下さい!

 

 

f:id:sswtr2911:20180820133518j:plain

こんな感じの石階段を延々と登ります。運動不足気味なので足腰が痛い(笑)。この日は過ごしやすい気温だったけど、そうは言ってもまだ8月。天気もいいし、お日様も当たってるし、やっぱり暑いっ! あっ、水持ってくるの忘れた。絶対にのど乾くぞ。こんな山の上にお店なんてあるかなあ。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820134318j:plain

 所々で見えるこの景色で疲れも吹き飛びますね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820133144j:plain

 やっと到着だ、と思ったら違いました。ここは社務所で、本殿はまだまだ先です。この神社は珍しい構造をしていて、この入口で入場料(初穂料)を支払って参拝します。有料の神社って珍しくありません? 大人500円でした。ちなみに、この横にはお店やお茶屋さんがありました。自動販売機もあります。よかった~、この時点でのどがカラカラだったので、しばし休憩。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820134207j:plain

 地上から見えていたこの建物は社務所だったんですね。社殿と徳川家康が埋葬されている神廟のある頂上はこれよりももっと上、下からは見えないんですね。知らなかった。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820133743j:plain

 社務所近くの展望台から見た景色。左! ここは夜にも来てみたいよね。どんな夜景が見られるだろう…。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820134000j:plain

 右! 社務所から先へ行くと山の奥に入るので海は見えません。夕日きれいだろうなあ。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820144337j:plain

 やっと社殿が見えた~。入口からかなり歩きましたよ。もうクタクタです。あっ、前を歩いているカップルのお二人、しっかりと手を繋いでいますよ! これなんですよ、僕が求めているのは。安らぎというか、安心感というか、これが欲しいんです。別に何か特別なことがしたいとか、特別な何かが欲しいわけじゃない。こんなごくごくフツーのことなんです!

 

 

まりなさ~ん!!!…(笑)

 

 

f:id:sswtr2911:20180820133252j:plain

 やっと社殿に到着。人がいないのを確認して撮影したはずなんだけど、帰宅後に見たら人が写り込んでいることに気づき…。もう成田だからなあ…。ごめんなさい、もう撮影できません。

 

 

では、しっかりとお参りしましょう。ここには徳川家康と共に織田信長豊臣秀吉が神様として祀られています。

 

 

二拝、二拍手、一拝…

「僕、大好きなあの人、☆彡のみんな、その他の皆さん、全員が幸せになれますように。僕は大好きなあの人の良き夫になれますように、☆彡に戻ってもう一度あの仕事ができますように。そのために僕は…(後略)」

 

 

その後、さらに登り続けて…

 

 

f:id:sswtr2911:20180820133353j:plain

ここが徳川家康の眠る場所です。216mの山の頂上、1,159段の階段を登ってようやく到着しました。もっと華やかなのかなと思ったら意外と静かでした。ここでもお参り。

「僕は強く生きます! 絶対に願いを叶えます。家康さんのパワーを下さい!」

 

 

きっと徳川家康さんは笑っているでしょうね。「成敗!」なんてね。あっ、あれは「暴れん坊将軍」か(笑)。

※かつて松平健が8代将軍徳川吉宗を演じた時代劇ドラマです。

 

 

f:id:sswtr2911:20180820145148j:plain

この神社では徳川家康の御遺訓みたいなものがたくさん紹介されていて、僕自身も考えさせられる内容ばかりでした。ここでも恒例の御神籤を引いたけど、これも心に残る内容でした。これから少しずつ紹介していこうかなと思います。@神社近くの駐車場

 

 

楽しい時間をありがとうございました。もう疲労困憊、クタクタです。