come back to Narita 18.AUG.2018

f:id:sswtr2911:20180822131754j:plain

「成田から525キロ🚙一般道で岐阜を目指してみた!part4」の帰りです。先月は箱根峠で居眠りしてしまってそこで朝を迎えてしまい、小田原から先の渋滞に巻き込まれて午後着になってしまったので、今回は渋滞に入る前に成田へ戻ります。

 

「こらっ! あっ、紹介します、僕の妻のまりなです。プーさんではありません(笑)。運転したいの? うん、いいよ。たまには助手席に座りたいから…」

 

 

13時40分、岐阜県内某所を出発。この日の気温は30度台でした。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822131329j:plain

14時33分、22.4㎞。名古屋市内に入りました。「Marina」号に給油です。えいっ! 30.45ℓも入りました。いつの間にかℓ=146円になってる。高すぎるよ。満タンになったところで、成田へ向けて全力疾走です。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822131410j:plain

16時17分、72.3㎞。道の駅・にしお岡の山に到着。この日も渋滞に巻き込まれ、ひどい睡魔に何度も襲われました。今回はさすがに疲れた…。前日の久能山東照宮の登山がかなり効いたようです。歳いくつなんだよ、僕は(笑)。ここでリフレッシュタイムと少しだけ居眠り。500㎖では全然足りないので…これをラッパ飲みしてました。これでも全然足りない。このほかにコカコーラゼロも飲んでました。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822131515j:plain

19時49分、193.0㎞。道の駅・掛川に到着。今回はいつになく睡魔に襲われ、これだけでも疲れる…。ここでもリフレッシュタイムと少しだけ居眠り。さてと、急がないと。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822132346j:plain

22時03分、266.4㎞。道の駅・富士に到着。さすがにここでは1時間ほど夢の中にいました。リアル夢見てました。本当に疲れたんだね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822131617j:plain

0時28分、311.0㎞。道の駅・箱根峠に到着。見て下さいこの温度! 8月なのに無茶苦茶寒い。半袖ではあまりに寒くていられませんでした。この日はとてもきれいな満天の星空が見られました。本当にきれいでしたよ。写真を撮りたいんだけど、僕の小型デジカメでは無理でした。前回ここで居眠りして大変なことになってしまったので、少しだけ休憩してすぐに出発です。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822145728j:plain

あっ、心の目で見て下さい。大好きなあの人がかわいい寝顔で寝ていますよ。「おやすみ♡ 大好きだよっ!」。なんかこうやって見ると、見られている感じがしますね(笑)。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822132122j:plain

4時03分、431.0㎞。浦安市内に入りました。ちょっとアイスが食べたくなったので…。箱根からずっと走ってきたけど、ここまで渋滞に巻き込まれずにスムーズに移動できました。やっぱり移動は早朝・深夜に限ります。この区間でもひどい睡魔に何度も襲われてもう限界でした。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822132233j:plain

あっ、東の空が明るくなってきましたよ。夏至から約2ヵ月が経過して30分ほど遅くなってきたようです。間もなく夏ともお別れなんだね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180822131845j:plain

4時47分、454.3㎞。千葉市内に入りました。いよいよ睡魔に耐えられなくなってきたので、「レッドブル」にお世話になります。その後すぐにスイッチが切れて30分ほど意識を失いました(笑)。全然効いてな~い!

 

 

その後、51号線で成田へ向けて全力疾走し、途中1ヵ所で休憩、6時52分にようやく自宅に到着。走行距離490.4㎞、総走行距離1,016.8㎞。所要時間17時間12分(実運転時間11時間49分)でした。

 

 

今回の帰りは珍しく何度もひどい睡魔に襲われて苦しみました。それでもなんとか渋滞に巻き込まれずに早朝に成田に着くことができました。8月半ばにもなると、暗くなるのは30分ほど早く、明るくなるのも30分ほど遅くなっているのを実感します。僕は夏が大好きなのですが、本音を言えば、この夏は☆彡に戻って仕事をしていたかったし、大好きなあの人と再会して今年こそ夏の思い出を作りたかった…それも叶わないんだと思うと少ししんみりとしてしまった8月18日でした。

 

 

おしまい