まだまだ!

f:id:sswtr2911:20180916151552j:plain

またダメだった…。今回で5回目の応募でした。

 

 

「なぜそこまで執着(固執)するのか?」と思われるかもしれません。でも僕は執着だとは全然思ってないし、むしろ「執着したいほど手に入れたい夢なんだ」くらいに思ってます。執着…うーん、そう思われるのも仕方のないことなのかもしれませんね。では、どこからどこまでなら執着ではなくて、どこから先なら執着なのでしょうか。厳密な線引きなんてできないと思うんです。そして、「それは執着だ」みたいな分析をするよりも、「執着があっても跳ね除けて夢を叶えるために前へ進むぞ」と考える方がよっぽど前向きでいいと思います。

 

 

僕はもう一度あのカウンターに立ち、ゲートを走り回りたいという夢をこれからも捨てないと思います。それはただただ、僕はもう一度あの仕事がしたいんだ、という本当に純粋な思いです。あの仕事に夢中で没頭したいという人(=僕)と、「あーあ、今日も疲れた、もう辞めたい」なんて言う人を比べたとき、どちらがいいのだろうかとも考えてしまう。仮に僕の思いが「執着」であったとしても、「執着」自体は決して悪いものでもない、と僕は思う。 

 

 

力尽きるその時までチャレンジすると思います。きっと門をくぐった先に幸せが待っているはずです。幸せはすぐそこ。僕はまだまだ頑張るよ。