【スピンオフ企画】相州真鶴貴船神社~2018/09

f:id:sswtr2911:20180923095031j:plain

相州真鶴貴船神社に来ました。確かここは海と船に関する有名なお祭りのある神社だったと思います。まだ7時なので社務所も開いてないし、ヌシカンさんや巫女さんもいません。あっ、ヌシカンさんって神主さんね(笑)。そして、早朝から地獄が待ってました。

 

 

f:id:sswtr2911:20180923095352j:plain

出ました、階段泣。108段あり、石段は煩悩の数と同数であることから「清めの石段」と呼称されて修行の道のりとされているそうです。 煩悩とは「心を煩わし、身を悩ます一切の欲望」のこと。そんなにあるのか! 

 

 

f:id:sswtr2911:20180923100433j:plain

108段だけとはいえ、上から見たらこんな感じ。結構高いですよね。もう既に「ゼイゼイ」言っております泣。最後の力を振り絞って…みたいな感じになってしまっている。この時間でもそこそこの参拝客がいるんだよね。

 

 

f:id:sswtr2911:20180923101035j:plain

本殿に到着しました。鉄筋コンクリート造りの本殿って珍しいよね。これは関東大震災後の神社再建当時、震災に強い本殿を、ということでこうなったそうです。

ここで僕は複数の蚊に襲撃され、頭部を中心に4~5ヵ所刺されてしまいました。僕を追いかけてくるのは「女性」ではなく「蚊」でした泣。悲しい~。

 

 

さて、気を取り直してお参りです。今は誰もいないのでゆっくり祈願します。

お賽銭、ジャラジャラ、二拝、二拍手、一拝 (ブーン、ブーン…パチンパチン!)

「僕、大好きなあの人、☆彡のみんな、その他の皆さん、全員が幸せになれますように。僕は、☆彡に戻ってもう一度カウンターに立ち、ゲートを走り回れますように。そして、大好きなあの人に想いを伝えられますように、良き夫になれますように。そのために僕は…(長いので省略)」

 

 

真面目に祈願しているのに、蚊に何度も襲撃されて頭部を中心に真っ赤になってしまいました泣。祈願を何度中断したことか。それくらい襲ってくるんです。お祈りに集中できないよ。それに、虫刺されの薬品は持ってきてないんだよなあ…。

 

 

「どういうことやねん怒!」(ここだけ関西弁で。関西出身の方、ごめんなさい)

 

 

きっと神様も大笑いしていたことでしょう。でも神様、願いを叶えて下さいね。 

 

 

この神社には本殿や社務所の他、たくさんのお社があります。一つ一つを回りましたが、蚊さえいなければ面白い神社だと思います。

 

 

恒例の御神籤はまた次回に。