御神籤@相州真鶴貴船神社 ~後編~

f:id:sswtr2911:20180924092050j:plain

今回は、相州真鶴貴船神社で引いた御神籤の「長文解釈」です(笑)。

 

(昨日の御神籤表面の続き…)

「身も進み財宝も出来て立身出世する事は 春の暖かい日に美しい花の野を心楽しく遊び行く心地にてよき人の引立にあずかります けれど心正しくないと災いがあります」

→長文解釈って苦手なんだよなあ。学生時代は古文・漢文嫌いだったし…(笑)。

多分ここは、良き人の引き立てにあずかり立身出世して経済的にも余裕が出てくる、ようやく人生に春が訪れる、しかしここで心を誤ればその幸せを失って地獄へ落ちるだろうってことなんだと思う。

現時点で言えば、良き人の引き立てにあずかるって言われても、状況から言って今の僕にその機会はあまりないだろうと思う。とはいえ、生きている以上はどこで誰と接触するかわからない。この御神籤と神様を信じて頑張るしかありませんね。

 

 

(ここからが御神籤の裏面)

「神の心に叶えば嬉し、暗いこころも、晴れて来る」

金をためたら、慈善をするという人は、ためるお金に限度がないから、なかなか慈善が出来がたい。物がなければ力で、力がなければ言葉ででも、人を慰め、人の力になってやれ。情は人のためならず慈善をすれば心が明るくなって、まず自分が救われる。

→これはその通りだと思う。「情(なさけ)は人のためならず」=人に対して情をかけておけば、それがめぐりめぐって、いつの日か自分によい報いがくるものだ、ということ。僕は、この言葉は真実だと思います。「自分さえ良ければ…」、「人を踏み台にしてでも…」なんて考えている人はよく考えた方がいいと思います。そのようにして得た物は絶対に長続きしないし、失ってから周りに助けを求めても、もはや誰も助けないと思います。

 

 

今回の御神籤も考えさせられる内容でした。皆さんも考えてみませんか。