御籤@身延山久遠寺 ~表面編~

f:id:sswtr2911:20180926220249j:plain

身延山久遠寺で引いた御籤です。神社では「御神籤」だけど、ここはお寺なので「神」の字がないんだね、きっと。この御籤は良い紙が使われています。メッセージカードみたいな感じ。では、今回は表面を見てみましょう。

 

 

この日最後の、3回目の御籤は「小吉」でした。どんだけ引いてんだよ(笑)。

 

●欲を捨てれば願い必ず成就する。

→神社での御神籤では「願望」に当たる項目ですね。今僕は3つの願いを叶えるべく行動しています。☆彡に戻ってもう一度お仕事をすること、大好きなあの人と再会して良きご縁を結ぶこと、もう一つは現時点では非公開です(笑)。僕自身はこれが私欲という意味での「欲」だとは思っていません。「欲」=欲すること、願うこと、欲しがること、また、その心…の意味。「欲」≒「願い」だと思うんだよね。一方で「私欲」だと話は違います。「私欲」=自分の利益だけをはかろうとする卑しい欲望…のこと。僕は自分の利益だけを求めようとは全く思ってないし、求めてもいません。あくまで50-50の関係です。ともかく、ここの部分はずっと同じような結果となっています。気を緩めずに心正しく頑張ります。絶対に願いを叶えますよ。

 

●体調に少しでも不安があれば医者に行くこと。災い最小となる。

→御神籤の「病気」に当たる項目ですね。まあ、ここに書かれていることは当たり前のことなんだけど…。痩せ過ぎ(現時点でも-10㎏減)は継続中、その他の表面化し始めた症状は極限の忍耐生活と過重なストレスからくるものだと思うから、願いが叶えば消えていくものだとは思う。不安はないと言えばウソになるけど、病院になんか行きたくないし、行ったところでお医者さんから「あなたが悪いんです」と言われて終わりのような気もする。多分これを指しているのかな。病院、うーん、行きません(笑)。

 

●苦手科目に光明有り。目標に大いに近づく気配あり。

→御神籤の「学問」に当たる項目かな。学生ではないから苦手科目はないなあ。もしかしたら、今やっている英語や航空関係を指しているのかも。インプットしてもアウトプットする場面がないので、覚えては忘れて…みたいになってしまっているから維持するのが大変。それに、☆彡へ戻れないとただの無駄な知識になってしまう。無駄になるのなら初めからやらない方がいい。時間がもったいないから。その意味では、目標に大いに近づいているのならうれしいな。よし、もう少し頑張ろう。

 

●行き違いによる誤解が生じる。早めに折れて仲直りをすれば最良。

→これは御神籤の何に当たるのかな。「恋愛」でもなさそうだけど。まあ対人関係として、今は人との接触があまりないからピンとこないなあ。もちろん、ここに書かれていることはごもっとも。人間だから「行き違い」はよくあること。とにかく相手とよく話をすること、早めに妥協する勇気を持つことだと思う。気を付けよう。

 

●商売は我慢が大切。今はじっとして急いだ行動はつつしむべし。

→これは御神籤の「商売」のことだね。ショーバイはやってません。

 

●賭事は不調、勝負事もいいことなし。

→これは御神籤で言う「相場」? それとも「争事」? 僕はいわゆる競輪、競馬、パチンコのようなものは一切やらないし、他人と何かを勝負することもない。そもそも僕はそんなことをやるほど暇じゃない。だからここは大丈夫だね。

 

 

裏面はまた明日。