【昭和シリーズ】② レトロ自販機「トースト自動販売機」

f:id:sswtr2911:20181008222743j:plain

レトロ自販機シリーズの第2弾は、この「トースト自動販売機」です。千葉県香取市内にあります。僕はこの自動販売機も見たことがありません。これも国内に数台しか残っていないそうです。ここでは、あんトーストとハムチーズトーストの2種類が販売されています。

 

 

今回も2つは食べられないので、今日は「あんトースト」を食べてみます。1つ200円します。ボタンを押してから加熱が始まるので、出てくるまでに数十秒かかります。

 

 

ボタンを押してと… 「あんトーストよし!」… ドン…💥 あっ、出てきた! 

 

 

どれどれ… あちーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

 

 

f:id:sswtr2911:20181008222845j:plain

リアル熱い! 何だこれ? では開けてみましょう。

 

 

f:id:sswtr2911:20181008222940j:plain

いいんじゃない、これ。いい色してますよ。大きさは市販されている8枚切り食パンと同じです。これは手作業で作ってアルミホイールで巻いたようですね。

 

 

f:id:sswtr2911:20181008223015j:plain

中はこんな感じ。おいしそうだ! ではいただきましょう。

 

 

いや、マジで、リアルにおいしいです。パン屋さんで売っているあんパンとは違って温かい(熱い)からなかなか👍ですよ。

 

 

今はコンビニが至る所にあるからこんな自動販売機を置く必要はないんだけど、この自販機も壊れたら修理不能のお宝モノです。古き良きあの昭和の時代にこのような機械を考えた人は本当に偉いと思う。皆さんも昭和生まれの人を大切に、尊敬しましょうね(笑)。ぜひ皆さんもお試しあれ。

 

 

☆彡のオフィスにこれを置こうよ! どうですか☆彡の皆さん?