~こだま~ 伊豆旅行記 劇団「新感線」


新感線

 

 

これは確か「劇団新感線」という実在する劇団の方が出演されたCMです。いまでもこの劇団はあるんじゃないかな。

 

 

当時の東海道新幹線には「ひかり号」と「こだま号」の2種類しかありませんでした。こだま号は東海道新幹線の全駅に停車していくタイプで、東京~新大阪間を約4時間20分で結びました。

 

 

元々ひかり号は需要が高くて常時満席状態であり、あまり急がない乗客にはいつも空いているこだま号へ移ってもらいたい、という考えが当時ありました。そのためのインセンティブ的な施策として、通常は海側3(A・B・C席)‐山側2(D・E席)配置の普通車座席を指定席に限って2-2へと改善してゆったりとした座席にしました。このCMでは、その通称「こだま2&2シート」が映っています。ただし、このシートは東海所属の0系車両(初代の新幹線車両)のみについていました。(当時のこだま号は0系で運転されていましたが、早朝・深夜の時間帯のみ一部の列車で他の車両が使われることがありました。また、同じ0系でも西日本所属の車両があり、こちらは通常の3-2座席でした。)

 

 

僕は急ぐ旅はしなかったので、よくこの「こだま2&2シート」を利用しました。同じ料金でゆったりとしたシートに座れて、そんなに混んでいない列車に乗れるんだから最高でしたね。各駅停車のこだま号を利用しても、東京~新大阪間ではプラス1時間20分程度、東京~名古屋間ではプラス50分程度だったと記憶しています。このシート、当時は結構人気があったと思います。もちろん今はもうありませんよ。

 

 

そして、その後の僕の姿が…。これも懐かしいCMです。

 

 

そういえば、伊豆に行ったことが一度もありません。行ってみたいけど、一人では行きたくないなあ。誰か一緒に行きませんか? あっ、もちろん移動は「🚙」ですよ(笑)。