【スピンオフ企画】山中湖~2018/10

f:id:sswtr2911:20181026183350j:plain

山梨県南都留郡の山中湖に来ました。この湖を囲むように道路が走っているので、車で一周してみたいと思います。この写真の水面と空、いい感じですね。こちらは湖の南側に当たります。

 

 

f:id:sswtr2911:20181026183934j:plain

湖のレジャーはやっぱりこのスワンボートです。この他にもボートなどの乗り物レンタル店がこの湖のあちこちにたくさん点在しています。この日も結構人がいましたよ。みんな楽しんでますな~。

 

 

f:id:sswtr2911:20181026184805j:plain

僕もスワンボートに乗りたいな~。どっちに乗ろうかな…。

 

 

f:id:sswtr2911:20181026183546j:plain

それじゃあ、こっちに乗るか~…。乗れるかっーーーーーーーーーーーーーーー!(笑)うわっ、本物やん! おまけにたくさんのコイが寄ってきたで。ゴメン、エサ持ってないねん。

 

 

f:id:sswtr2911:20181026183705j:plain

こちらは北側からの様子。僕は水に縁があるのか、水のあるところになぜか引き寄せられるんです。海や湖なんかを見ながらコーヒーを飲んで物思いに耽るのが好きなんです。箱根の芦ノ湖なんかもそうです。すごく落ち着くし、僕にとっては充電スポット的な場所なんだと思う。ここでもしばし時を過ごしました。

 

 

f:id:sswtr2911:20181026182902j:plain

山中諏訪神社という神社を見つけました。せっかくなのでお参りします。

この神社の神様である諏訪大明神は安産子授けの守護神として崇敬され、毎年9月4日~6日の例大祭「山中明神安産祭り」では夜祭のみこしをかついだ氏子の女性には安産が約束されると言われており、古くから妊産婦や新婚女性が集まるお祭りとして全国的に知られているそうです。古来から関東屈指の子授け・安産の御利益があるとのこと。僕は全然知りませんでした。では、ここでもしっかりとお祈りしましょう。

 

 

お賽銭、二拝・二拍手・一拝…

「僕、大好きなあの人、☆彡のみんな、その他の皆さん、全員が幸せになれますように」

「大好きなあの人に想いを伝えられますように、良き夫になれますように」

「僕は☆彡に戻ってもう一度あのカウンターに立ち、ゲートを走り回れますように」…

 

 

とても静かな神社なのでゆっくりとお参りしました。平日なので参拝客も少なかったのですが、やはりこのような神社なのでカップルが数組来てました。

「お二人さん、お幸せにね。丈夫なお子さんを…」

 

 

神様、今度は大好きなあの人と一緒に来ますからね。

 

 

神社といえば御神籤です。ここでもちゃんと引きましたよ。なかなか味のある御神籤です。では、ご覧下さい。

 

 

f:id:sswtr2911:20181026183113j:plain

これが山中諏訪神社の御神籤です。ペラペラの半紙みたいな紙でできています。本来の御神籤ってこんなものだと思う。上から漢文-古文-かろうじて現代文の構成となっています。解読が難しそう泣。今回は下段のかろうじて現代文を見てみましょう。

 

 

運勢は「半吉」でした。半吉ってあるんだね、知らなかった。

 

 

(1)このみくじに当る人は、これまでフトした失敗の邪魔の出来るため立身することむづかしかれども、これよりおいおい立身すべきしるしあり

→あまり話したくはないんだけど、これは当たっていると思う。順調に行きかけていても、いつも必ず「フトした失敗の邪魔の出来るため立身することむづかしかれども」だった…。まあ、立身出世するつもりもあまりなかったから別にいいんだけどね。でもこれから「立身すべきしるし」があるらしい。過去のことはどうでもいい、これからが大事。

 

(2)病人は長引く、子、丑の方の、いしや(医者)を頼んでよし、但しあまり遠ければその反対の方角の医者たるべし

→「子」は「ね」と読み、方角で言えば「北」です。「丑」は🐄じゃなかった「うし」と読み、方角で言えば「北北東」です。

今のところ病気はしていないから大丈夫か。でもなんで方角が関係あるんだろうね(笑)。

 

(3)失物出がたし

→失物ありましぇーん。

 

(4)待ち人来ることおそし

→来るけど遅いって意味かな。忍耐だね泣。読書でもしてます。

 

(5)物事遅れるべからず

→実はいろんなことが遅延しています泣。神様は全てお見通しのご様子、ごめんなさい。頑張って追い上げます。

 

(6)ゑんだん(縁談)、家うつり、ふしん(普請)その外あらそいごとなど子、丑の方の人についてなせばよろずよし

→「ゑ」なんて字、久しぶりに見た(笑)。普請は「土木や建築などの工事」のこと。

まず、縁談は僕にはありませんからーーーーー(笑)。なのでこれはノープロブレムだね。転居、普請、争い事など、北・北北東の人に付いてやりなさいってことみたいだけど、転居は結婚する時かな。普請はないなあ。これからも多分ないと思う。争い事もないし、それにそんな暇はないので。北・北北東の人…うーん。

 

(7)耺は技術たるべし、子宝多し

→「耺」という字も久しぶりに見た。職は技術たるべし…あのお仕事はまさに技術です! はい、必ずあのお仕事に戻ります。子宝多しって…。ここはノーコメントで(笑)。赤面してしまいます。

 

(8)旅立いそいでよし

→今まさに旅の途中ですよ(笑)。

 

(9)望ごとおそし

→ここはやはり気になるところ。願いが叶うのは遅い、と出た。遅いのはつらいことだけど、その間に力をつけてその時に備えるしかない。力尽きるまでには叶ってほしい。

 

(10)この人は特に神仏を念じてよし

→最近、神仏について考えるようにはなりました。目に見えない不思議な力は確実に存在していると思うし、関心はなくても神仏を軽んじてはいけないとも思う。神仏は見ている、悪いことをしてはいけない、必ず報いを受けることになる…。僕は人として正しく生きます。宗教に入信するつもりは全くないけど、手を合わせる心と奉仕の精神は持とうと思います。

 

 

御神籤の続きはまた今度。