英文法のトリセツ~中学レベル完結編~ やっと読了~

f:id:sswtr2911:20181026212043j:plain

このトリセツシリーズは第3弾まであったんですね~。実はこそっと続けてました。これも一冊1,500円(税別)します。

 

 

中学レベルって書いてあるけど、結構レベルは高いと思います。高校レベルも十分に含まれていて、今回はかなり頭を使いましたよ。いやあ、忘れていることがいっぱいあった(笑)。

 

 

この本のステップは、比べてみよう「比較表現」、疑問詞の使い方(普通の疑問文、間接疑問文、関係詞お手軽変換編、関係詞使い分け編、関係詞発展編、副詞で名詞で形容詞<従属接続詞S+V>)、asのいろいろ…。これを見るだけでは「なあ~んだ」としか思えないですよね。

 

 

さすがに「関係詞お手軽変換編」辺りまでは楽でした。でもその先が…。関係代名詞、関係副詞、前置詞と関係詞の関係なんかは理屈抜きで丸暗記状態だったから、この本でかなりクリアーになりました。従属接続詞的な表現、so~ that S+V と so that S+V、同格のthat なんかはほとんど忘れ、疑問詞-ever や接続副詞なども普段あまり使わないためか思い出すのに必死…。関係代名詞としての whose や those who/which なんかもすっかり忘れてました。as にもたくさんの用法があり…泣。他にもたくさんの項目があるんだけど、とても書ききれません。今回はかなり頭を使ったので疲れた。記録では9月21日から始めており、354ページもある本だったから、およそ1日に10ページしか進んでいなかったことになります。まあ、だいぶ知識のリフレッシュができたので、あとは忘れないようにするだけだね。

 

 

今回もそうだけど、ただ本を読むだけではなく、「書く・話す」をできる限り実践しました。目的は、ただただ☆彡に戻って英語を使う、こと。今やっていることがいずれ必ず役に立つと僕は信じています。

 

 

これで終わりではありません。次の書籍がスタンバイしております。さてと、今日も頑張るか。