【スピンオフ企画】Mt.Fuji から愛をこめて🌹

f:id:sswtr2911:20181108195745j:plain

富士山の御殿場口新五合目です。標高は1,450m、この時の気温は8℃でリアルに寒い。この日は薄手のコートという軽装で来てしまいました。缶コーヒーでも飲んで暖を取りましょうか。7時を少し過ぎての到着だったので誰もいません。

 

 

f:id:sswtr2911:20181108195936j:plain

少し歩くと…。ちょっと嫌な予感がします。朝だから富士山がきれいに見えてますよ。

 

 

f:id:sswtr2911:20181108200035j:plain

誰もいないし、自動販売機もない…。左手の鳥居の先が登山道です。すでに登山シーズンは過ぎているので、先は一応封鎖されています。ここから頂上まで約9時間かかるそうです。「1/2」の文字が見えている建物はお店兼何かですが、今期の営業は終了している様です。その左側に見えているのはバス待合所です。ここまで一般の路線バスが来てるんですね。土の色が地上と全然違うんです。お気づきになりましたか?

 

 

f:id:sswtr2911:20181108200630j:plain

どうしても逆光になって写真が上手く撮れません。太陽が雲に隠れてもこの有り様。雲がなくて日光が直接当たる間は、日差しが結構強く感じられます。こちらは箱根(東)方向です。

 

 

f:id:sswtr2911:20181108200239j:plain

逆光を避けて、 東(北東)方向です。こんな感じで見えてます。木々はすっかり秋、というか初冬って感じがします。なんか寂しい感じです。

 

 

f:id:sswtr2911:20181108200119j:plain

富士山のアップです。本当にきれいだね。

誰もいない…。いいじゃないですか。では、特別ミッション「富士山五合目から愛を叫べ」を実行します。今回も思いっきり叫びましょう。せっかくだから、霊峰富士に向かって叫びます。

 

 

では皆さん、今回もよ~く聞いて下さいね。

「3・・・2・・・1・・・0・・・1・・・2・・・3・・・4・・・~」

 

 

おいっ! また数えてどないするねん!!

では、気を取り直して…「3・2・1…」

 

 

「・・・さ~ん・・・」

※事情により叫んだ内容は秘密とさせていただきます(笑)。

ドカーン🎇

「うわあ゛~~~!!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

「おいおいおいおい、なんやねん…」

実はこの場所の隣が自衛隊の広大な演習場で、この日演習があるという予告を下で見てました。木々に隠れているから見えなかったんだけど、ちょうど向こうが演習を始めたようです。僕が叫ぶと同時に始まるとは(笑)。リアル音なんて聞いたことないからマジで驚いた。音はすごいし、振動というかそういうものもすごく感じるし。いやあ、これには驚いた。再度気を取り直し…

 

 

「・・・さ~ん(ドカーン🎇)、僕と・・・(ダダダダッ・・・⚡)・・・(ダダダダッ・・・⚡)・・・」

今度は砲弾の後に機関銃のような連射音が何度も…泣。

 

 

集中して叫べないよ~泣。いやいや、男Takaは負けないぞ!

 

 

「・・・(ドカーン🎇)・・・(ダダダダッ⚡)・・・(ダダダダッ⚡)・・・(ドカーン🎇)・・・(ダダダダッ⚡)・・・」

「♫ hold me tight・・・切なさは止まらない~ (^^♪」

 

 

要所要所で発射音、射撃音に応援されて…強制終了。

 

 

この後、ようやく年配のご夫婦1組がやって来ました。「すみません、写真を撮ってもらえませんか?」と声をかけられ、それからしばしお話しをしました。本当に素敵なご夫婦でした。いいな~、僕もあんな夫婦になりたい…。

 

 

 この頃から急に山頂周辺が曇ってきて、ついに富士山が全く見えなくなってしまいました。仕方ないので、常温?で冷えたコーヒーを飲みながら、東側を向いてちょっと間食タイム。こんなきれいな山々を見ながら食べるのは久しぶりかも。ついでに少しだけ夢の中へ。

 

 

霊峰富士の神様は、きっと僕を笑って見てくれていたことでしょう。

 

 

おしまい