〇か✕か

「どちらが正しいではなく、どちらも正しく、どちらかを選択しなければならないと考えることは一旦立ち止まって考えなければならない」

「この考えは今後の社会にとても重要な意義がある」

「人生とは誠に選択の連続ではあるが、どうしても二択で考えがちである。その結果として、全体主義的な、逸脱を許さず、特異を排斥する社会になるのではないだろうか」

「どれが正しいではなく、どれも大切に扱う、この考えが今後の社会に必要」

 

 

とある書籍に書かれていた内容です。僕もこの考え方には賛成です。

 

 

本当に息苦しい日本(と世界)になってきた、と思いませんか。自分(組織)と異なるからと言って排斥するのではなく(排斥する必要もなく)、共に手を取り合い、共に楽しめる社会になってほしいものです。僕はこれまでどうだったのかを振り返り、少なくともこれからは上記のことを考えて行動したいと思います。

 

 

人生に関しては選択の連続で、二択で考えてしまうことはよくあることですよね。矛盾するかもしれないけど、これはある意味仕方のないことかもしれません。ただ、その選択肢はどちらも正しく、どちらを選択するかは本人の自由で本人が決めること、そしてその選択をしたことによって起こる出来事への責任は自分で取る、ということだと思います。あくまで自分の人生は、ですよ。

 

 

いろんな人、いろんなことがあるから面白い。みんな仲良くやりましょう。