【スピンオフ企画】白糸の滝~2018/11/17

f:id:sswtr2911:20181202192743j:plain

静岡県富士宮市の白糸の滝に来ました。この入り口周辺にはたくさんのお店があります。パワーストーンのお店があったり、鮎の塩焼きや本物のワサビが売られていたりします。鮎の塩焼き、おいしそう…でも食べられません。なぜかって? お酒が飲みたくなるからです! これはまさにこの世の地獄(笑) 

 

 

f:id:sswtr2911:20181202192921j:plain

ん? もう着いた? これ? 違いました、こっちは偽物の方でした。こちらは音止の滝という滝でした。本物の方はもっと奥のようです。偽物って…(笑)。

 

 

f:id:sswtr2911:20181202193028j:plain

少し歩きましたが、やっと見えました。ここが白糸の滝です。右側の滝に見える水流は地層の隙間から富士山の湧水が湧き出ているもので、まるで糸のようですよね。あっ、だから白糸の滝って言うのか。 

 

 

! 水辺にだれかおるで。

 

 

f:id:sswtr2911:20181202192613j:plain

 撮影? 妖精みたいな女性がいる! 何してるんだろう。 

 

 

f:id:sswtr2911:20181202193202j:plain

もう少し近づいて、と。あっ、虹が出てますよ! 皆さんわかりますか? 本流と言うべき滝が中央やや左に1本あり、その周囲にはたくさんの隙間からの湧水があります。これを見ると「白糸の滝」という名前に納得。本当にきれいで癒されます。ここに小一時間は立っていたと思います。マイナスイオンというか、水しぶきが豊富な空気でした(笑)。

 

 

f:id:sswtr2911:20181202193259j:plain

滝の上部にある湧き水の出ている場所です。「鬢(びん)なで水」と呼ばれています。見て下さい、この透き通る水。とてもきれいだし、やっぱり冷たい。なぜ硬貨を投げ入れるのでしょうね。硬貨は錆びるし、拾う方も大変だし、それにせっかくの水が汚れるような気もするし…。何か祀られているので、そこのお賽銭入れに入れた方がいいと思うけど。お米が供えられているのが不思議、それも袋ごとにいくつもね。

 

 

僕は横浜準出身、現成田在住なので、静岡にはほとんど土地勘はないし、この滝の存在も知りませんでした。何かで調べたわけでもなく、パラパラと道路地図を開いていた時に「白糸の滝」という字が目に入り、ここへ引っ張られるようにして来てしまいました。

 

 

やっぱり僕は水のある場所に引き寄せられてしまう…

 

 

つらいこと、悔しいこと、どうしても許せないこと…この世を生きていれば誰にでも必ずあるもの。騙されることもあり、憎しみを覚えることだってある。でもそんな思いを持ち続けて生きることに何の意味があるだろうか。別に持つなとは言わない、持って生きているとしてもいいとは思うが、そんなマイナスの念で自分の人生が狂わされているとしたら…それは実にもったいないと思う。損をすることはあっても得をすることは絶対にない。そんな思いは滝に捨ててしまおう。水に流す…これも必要かと。

 

 

僕はマイナスの念をこの滝に捨ててきました。全て水に流してきましたよ。流れは急だからきっと遠くまで流されていったはず。とてもスッキリとしたすがすがしい気分になれました。やっぱり水のある場所は落ち着く…。いつまでもこの幸せが続いてほしい。

 

 

さてと、頑張りますか。