いっつみーさん、のこと

先日、逸見政孝さんのお墓参りに行ってきました。

 

 

逸見政孝さんをご存知の方はどれだけいるでしょうか。元フジテレビのアナウンサーで、フリーになってからは主に日本テレビの番組で活躍された方です。とても素敵な方でしたが、1993年12月25日にがんで48歳の若さでこの世を去りました。

 

 

今「女子アナ」という言葉がありますが、芸能人なのかアナウンサーなのかわからない方が非常に多い中で、逸見政孝さんは職人のようなアナウンサーでした。僕はアナウンサーではないのですが、心から尊敬しているアナウンサーです。

 

 

僕が横浜に住んでいた時、逸見さんのお墓参りには何度か行っていました。当時横浜から第3京浜を使って都内へよく行っていたんです。逸見さんとは直接の面識やご縁はなかったのですが、ちょっとした接点があって墓地を知っていました。

 

 

あれから時は過ぎ、成田に引っ越してからは疎遠になってました。やはり成田からだと距離がありますからね。

 

 

僕が先月体調を崩して静養していた時のこと。ベッドに横になり、窓越しに青空をただ眺める日々を過ごしていたら、ふと逸見さんを思い出しました。懐かしい思いが甦ってきて、「そうだ、久しぶりにお墓参りに行こう」と思ったんです。

 

 

「逸見さん、お久しぶりです。来ましたよ」。もう何年振りだろう…。お花、お線香、お茶をお供えして手を合わせました。これまでお参りしなかったことの非礼を詫び、近況やこれまでのことを話しました。30分近くいましたね。

 

 

逸見さんに関する書籍などがたくさん出されていて、僕はできる限り入手して読み漁りました。逸見さんはとても堅いイメージがありますが、奥様とは鎌倉の材木座海岸でナンパして出会ったとか。イメージとは真逆な行動にちょっと噴きだしてしまいます。でも素敵な出会い方だと思いますよ。奥様もきっと幸せだったでしょうね。逸見さんを知れば知るほど心から尊敬するようになりました。逸見さんってきっと苦労もあっただろうけど、本当に素敵な人生を送った方だったんですね。このような方が早く亡くなられてしまったこと、本当に残念です。

 

 

「私は生きたくても生きることができなかった。でも君は生きようと思えば生きられる。諦めてはいけない。頑張るんだよ」と言われた気がします。

 

 

もしかしたら僕の今の状況を見て、それを伝えよう、気づかせようとしてくれたのかもしれません。そうだと信じたいと思います。

 

 

逸見さん、本当にありがとうございます。必ず夢を叶えて、立ち直ってまたお参りします。どうか見守っていて下さいね。