確定申告に行ってきた

今年も確定申告の時期が来ました。

 

 

f:id:sswtr2911:20190222213424j:plain

僕の申告書提出先は成田税務署です。成田税務署は確定申告期間中、イオン成田に会場を設置しています。僕はこの会場へ受付開始時刻の5分前に到着したのですが、すでに長蛇の列です。でもすぐに終わりました。

 

 

なぜかって? 僕は自宅で自分で書類を作成するので、あとは税務署員に書類を提出して受理してもらうだけなのです。上の写真の列は係の人に案内されて書類を作成してもらう(本来は自分で作成しなければいけません)方の列で、このもっと先には「提出のみ」のレーンがあります。しかし僕が行った時は、僕を含めてたったの4名だったという…。そりゃーすぐ終わるわ(笑)。

 

 

僕は某大手企業に勤務していた時から年末調整や確定申告などは自分でやっていました。会社の事務でやってはくれるのですが、「いい年した大人がなんで自分でやらないの?、僕は自分でやるぜ」派なんです。年末調整や確定申告なんてせいぜい保険料控除くらいです。国税庁のホームページにはデータを入力するだけで自動計算してくれて、書類まで作成してくれる便利な機能がついています。誰でも本当に簡単に作成できますよ。

 

 

確かに、相続税贈与税、事業税などの特殊な税目は、一般個人ではかなり対処が難しくて申告書の作成が困難なものもあります。でもほとんどの方は保険料控除や医療費控除などの関係であり、比較的簡単なものです。パソコン(プリンター)を持っていない、パソコンが使えないという方は仕方ありませんが、やはり私たちは大人です。自分の納める税金というものがどういうものなのか、どのように課税されるのかを知っておくべきだと思うんですよ。

 

 

僕は「?」と思ったことは寝食を忘れてでも徹底的に調べる性格です。税についても自分で調べ、分からないことはネットで調べたり、税務署などに問い合わせたりしました。税務の知識を全て知っているわけでは決してないけれど、ある程度の知識があるからこそ自分で対処できるし、別に怖くもありません。

 

 

「怖い、面倒、分からない…」、それは無知からくるものだと思います。知れば何も怖くありませんよ。皆さんも自分が納めている税金について考えてみませんか? 確定申告はそのいい機会ですよ。