自己分析

スイスの心理学者ユングによる「ユングの性格類型論」というのがあります。ちょっとこれで僕自身を分析してみましょうか。

 

 

まず、「基本的な気質」として2つの性格タイプに分けられるそうです。

①外向型・・・まわりの意見を重視する→心のエネルギーが自分以外の人や物事に向かう

②内向型・・・自分の感じ方を重視する→心のエネルギーが自分自身の意識や経験に向かう

⇨僕は間違いなく②ですね。

 

 

次に、「物事の捉え方」で4つの心理機能に分類できるそうです。

Ⓐ思考型・・・物事を客観的・分析的・論理的に捉える

Ⓑ感情型・・・物事を好き・嫌いで捉える

Ⓒ直感型・・・物事を直感的に捉える

Ⓓ感覚型・・・物事を五感で感じとる

⇨僕は多分Ⓒですね。

 

 

結果は「内向直観型」。夢見がちで、ひらめきで行動する。周囲に理解されないことも。☜まさに誰かさんじゃない、これ(笑)

 

 

ユングは、この分類は性格を捉えるためのひとつの手がかりであり、性格は環境や周囲との関わり方によって変わる、としています。僕もその通りだと思いますね。

 

 

さて皆様、僕はそのように見えますか?(笑) 僕自身は当たっていると思います😊

 

 

※「ユングの性格類型論」を詳しく書きだすと長くなるので、関心のある方は書籍を当たってみて下さいな。