1年ぶりの再訪・名古屋空港

名古屋空港の1階だけが変化してました。

 

 

f:id:sswtr2911:20190602154720j:plain

タリーズがいつの間にかできてました。奥にあるショップは、昨年はファミリーマートだったっけなあ。「SKY SHOP 翼」は何となく記憶にあるんだが…。

 

 

リージョナル空港でもスタバや銀行がないのは寂しいと思っていたけど、やっとタリーズが入ったんだ!

 

 

f:id:sswtr2911:20190602154809j:plain

デッキに出ると、やっぱりいましたセスナが。名古屋空港にはセスナを扱っている会社が入ってますからね。僕はセスナ社の小型機しか操縦しないので、左側の機体は知りません。よく見かけるのですが…。

 

 

ちなみに、左側の機体を低翼機、セスナを高翼機と言います。高翼機の方が安定性が良くて操縦しやすいんです。ただ、海上に不時着した時に高翼機だと浸水しやすいかもしれません。まあ、そんなことがあってはいけないのですが。

 

 

f:id:sswtr2911:20190602154900j:plain

名古屋空港MRJの本拠地でもあるので、駐車場を挟んだ反対側には関連の建物がいくつかあります。旅客ターミナル内の売店「SKY SHOP 翼」では、FDAだけでなくMRJのグッズもかなり揃っています。早くMRJが商用運航されるといいですね。

 

 

あっ、そうそう、初代の国産旅客機であるYS11、一度乗ってみたかったなあ。いつの間にかなくなってたんだよね。操縦していた人、乗ったことのある人の双方から話を聞いたことはあるけど、なかなか面白い機体だったようですね。小型機ながら操縦士としての立場から言えば、あの機体は油圧を使わずにケーブル・ワイヤーで動翼を制御していたんだとか。これには驚きました。かなりの圧が操縦桿などにかかっていたはずだから、トリム装置を使っていたとしても相当の腕力がないと操舵は難しかったはずです。

 

 

YS11を知っているのは支店長クラスかな。☆彡の皆さんは是非聞いてみて下さいな。念のため、試作機なら成田空港近くの航空博物館に展示してあるよ。中にも入れます。