絵馬

f:id:sswtr2911:20190620091147j:plain

絵馬について文献を当たってみました。なるほど…。

 

 

絵馬は、神仏に自らの願掛けで奉納した木の板です。元々は神様の乗り物として神馬を奉納して心願成就を祈願したそうです。しかし、馬を奉納するにはかなりのお金が必要なのでだれでもできるというわけではなく、そうは言っても心願成就の切なる想いを神仏に届けるために、リアル馬の代わりに木の板に馬の絵を描き、願い事を書いて奉納したのが絵馬の始まりだとか。

 

 

元々は神社で奉納されるものですが、時代と共に変化してお寺でも奉納する風習ができたそうです。だから成田山にも絵馬があるんですね。

 

 

単なる木の板、みんなやってるから私もやる…って感じで僕たちはやっていると思うのですが、絵馬にはこんな歴史と意味があったんですね。

 

 

心願成就の切なる想いを神仏に届けるため…。人それぞれにいろんな願いがあると思います。その内容に良い・悪いなどなく、どの願いも尊いものです。その方にとっては命がけの願いですからね。

 

 

大好きなあの人に再会できますように…