変わった夢とリアルな現実

先日変わった夢を見ました。

 

 

・・・☆彡のカウンター前で☆彡のみんなが代わる代わるたくさんやってきて僕に謝る夢…懐かしい面々もいる…

 

 

😲! この時も飛び起きたのですが、このような場合は翌日何かが必ず起こります。たいていは予知夢のことが多いですね。

 

 

ただ、☆彡のみんなが僕に謝ることなんてないはずなんだけどなあ…。あっ、もしかしてあるのかい?(笑) 謝るのなら今の内だよ~怒(笑)。ないということにしておきましょう。

 

 

そんな感じでしたので、その日は夢のことなどすっかり忘れてました。

 

 

その日の午後、所用のために某所へ向かっている車中でのこと。なぜかRyujiさんが頭の中に突然浮かびました。別に意識したわけではないものの、ずっとRyujiさんとの思い出が走馬灯のように駆け巡ってくるのです。

 

 

懐かしい…

 

 

いい出会い方をしたものの、突然起きた悲劇前後あたりから激しく衝突してもう4年。僕は当時の非礼を反省しつつ、今はもうすでに恨みや怒りなどの感情はなく、ただ懐かしさしかありません。

 

 

Ryujiさん元気かなあ…まだ現役であのお仕事をしてるのかなあ…一度飲みながら話したいものだ…なんて考えながら某所に到着。そして店内を歩いていると見覚えのある顔が…

 

 

! Ryujiさんだ! 直前まで僕の頭の中にいたRyujiさんだ!

 

 

懐かしくて僕から声を掛けました。当時と全く変わらない…。ご本人もびっくりされたはず。

 

 

「Ryujiさん、少し話を聞いてもらえませんか?」

 

 

僕のお願いにきっと戸惑っただろうけど快く応じて下さいました。僕は当時の非礼を詫び、少し話をさせていただきました。このRyujiさんにはお立場がありますので、発言内容はここでは伏せさせていただきます。

 

 

いつかRyujiさんに会ったとき、土下座して謝ろうと思っていました。あまりに突然の再会で頭の中が真っ白になってしまって土下座は忘れてしまいましたが、長年の願いが1つようやく叶いました。やっとご本人に謝ることができた…。

 

 

正夢とはなりませんでしたが、それに近い出来事が起きたことは決して偶然ではないと思います。

 

 

Ryujiさん、一度飲みながら話しませんか? 僕も最近は連日焼酎をロックでかなり飲んでるのであなたには負けないですよ(笑)。勝負だっ!

 

 

連絡先は人事部にでもお聞き下さい。ご連絡お待ちしております。