Takaの昔話①

私が卒業後に新社会人となって横浜に引っ越し、初めて一人暮らしを始めた時のこと。

 

 

私は親からお金をもらったり、援助してもらうことをものすごく嫌う性格でした。とはいえお金があるはずもなく、最低限の物だけを持たせてもらいました。ただし、その費用は入社後に分割で全額返済するという条件を僕から付けていました。

 

 

そんなこんなで始めた横浜での初めての一人暮らし。本当に私の部屋には何もなかった…。

 

 

例えば、寝具。ベッドはさすがにありました。床の上へ直に寝るのはさすがに出来ませんからね。でも「布団や枕」などの寝具が全くなかったんです。最低限のものだけ、でしたので。

 

 

では、どうやって寝ていたのか?

 

 

・・・枕は「ティッシュボックス」の箱、布団は「トレンチコート」・・・だったんです。あとはエアコンで温度調整。4~6月は温かくなっていたとはいえ、やっぱり夜は寒かった。それでも若さのノリ?で必死に耐えていました。

 

 

ある暑い日、ひどい風邪をとうとう引いてしまいました。相当長引きましたね、そんな生活でしたから。職場の上司が「おいTaka、お前何でこんな暑い時期に風邪引いてんだ?」とかなり疑われました(笑)。そりゃそうだ、だれもその時期に風邪引いている人いなかったですからね。

 

 

お給料を頂くようになり、最初に購入した物の一つが「枕や布団」であったのは言うまでもありません。

 

 

私の新社会人&横浜での一人暮らしはこんな感じでスタートしました。

 

 

この時の良き(笑)経験があったからこそ、今のつらい生活に耐えられるのだろうと思います。同期や他の人と違い、一から独力で築いていきましたので本当に苦労しました。でも今となってはいい思い出の一つです。

 

 

 苦労した者は強い。