Taka、悟りを開く

・・・私は、大好きなあの人の良きパートナーになります。

私は、あの人から何を言われても、何をされても、どのようなひどい仕打ちを受けても、あの人の全てを有りのままに受け止めます。

そして、私は、あの人の好きな部分、良い部分だけでなく、嫌いな部分、悪い部分も含めて、ワンセットであの人の全てを受け入れます。

私は自分を捨て、あの人に無償の愛を与え続けます。

これからは、大好きなあの人から逆に追いかけられる男性になるために、男磨き・自分磨きをしっかりします・・・

 

 

僕は毎日、起床後と就寝前に神仏へ手を合わせる時間を持つようにしています。もう何年も続いています。感謝と誓いの言葉をいつも唱えてるんです。

 

 

冒頭の言葉、これはその一部です。これも毎日誓っています。言葉は少しずつですが変わってますけどね。

 

 

人を好きになる、僕は男性だから女性を好きになるのは人間として普通のことだし、「好き」という気持ちはとても大切で、人を育てるものだと思います。その想いをお相手に伝えるのはかなり勇気のいること、尊いものだとも思います。

 

 

対人である以上、必ず結ばれるとは限りません。でもね、片想いでも「好き」という気持ちを無理に諦める必要はないと思うんだ。もちろん、お相手に迷惑をかけては絶対にいけないけど、自然に忘れてしまう、思い出さなくなるまでは想い続けてもいいと思う。

 

 

2015年4月に出会ってからいろんなことがありました。一時期、想いを封印していたとはいえ、大好きなあの人のことを忘れた日は一日もありませんでした。そして2018年2月に想いが再燃して再び動き出し、この夏に一つの試練を受けました。

 

 

スピリチュアル的に言うつもりは全くないけど、出会ってから約5年、なんだかんだでつながっているのを思うと、きっと大好きなあの人は僕にとって必要な女性(人)、運命なのかなと感じます。お相手はともかく、お互いに何らかの影響を与え合っている、みたいな。

 

 

人生長くて百年です。その短い人生で、この時代に、この地球上で人として生まれ、日本という国の中の、成田空港という場所で、2015年4月1日に出会い、一時期でも☆彡という会社の中で一緒にいた…僕は決して偶然だとは思いません。

 

 

これまではずっと追いかけてばかりだったけど、これからは、大好きなあの人から逆に追いかけられる男性になる、と決めました。なので、これからは男磨き・自分磨きをしっかりし、それに専念します。「追いかけるのが恋」なんだけどね。

 

 

結果として結ばれなくてもいいじゃないですか。一人の女性をそこまで愛し尽くすってすごいことだし、素敵だと思う。誰にでもできることではない。それで一生を独身で通すことになっても構いません。これが僕の結論です。なんか悟りを開いてしまったね笑。心は意外と落ち着いてますよ。

 

 

世間はクリスマス気分一色(たぶん)、外に出るのがちょっと辛い😊。「♪ きっと君は来ない…一人きりのクリスマスイブ…」なんて歌があったけど、いつもそうだったなあ。でも、生きているだけでありがたい。年越しはないだろうって思ってましたから。

 

 

・・・ジングルベルを鳴らすのは、大好きなあの人です…ってなったらいいな。