「赤十字救急法救急員」の❝自主的❞更新も完了~

11,12日の2日間、成田赤十字病院で「赤十字救急法講習」を受講してきました。

 

 

この資格は一度取得すると5年間有効なのですが、新しい内容が加わったり、取り扱う内容の改廃などがあったりするので、なるべく短期に再受講した方がよい資格です。

 

 

僕はこの資格も原則として半年毎に❝自主的❞更新するようにしています。前回は今年1月の受講だったので今夏に予定していましたが、7月に起きた悪夢の出来事による混乱でこの時期となってしまいました。

 

 

f:id:sswtr2911:20191217201630j:plain

日常で使うことがまずない知識だけに、普段から30分ほど動画や教材で復習するようにはしてました。中身はかなり濃くて2日間ぎっしりです。体もかなり動かします。なので、終わった後はぐったりします。救急法救急員の内容が今年4月に改正されたそうです。ちなみに、この講習を受講すれば、黒色の携帯ケースと三角巾2枚がもらえます。

 

 

f:id:sswtr2911:20191217201901j:plain

この講習は2日間あり、受講料は1,700円です。

 

 

またあいつの出番じゃねぇか…(・∀・)ニヤニヤ

 

 

「1,700円です」

👨「2,000円あります」

 

 

今回もつり銭切れで後で支払うことになり、その後に係の方から「二千円でしたよね」と声をかけられました。「」とわざわざ言ってきたのを考えると、やはり二千円札は目立ってたんだと思います笑。

 

 

二千円札流通大作戦、成功でーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーす!

 

この2日間の講習、タイムテーブル上は合計3時間程度の座学講習、昼休憩1時間、総合実技1時間(模擬演習のようなもの)、試験である実技検定1時間10分と学科検定30分以外はほぼ実技練習です。

 

 

実技検定は二人一組で三角巾の実技と今年から新たに加わった「ターニケット」という止血のための医療器具の取り扱いをやります。簡単そうですがそこそこ難しいです。

 

 

実技練習ではかなり体を動かします。「搬送」では「パックストラップキャリー」という、いわゆる「背負い」の科目があるのですが、僕はあまりに痩せ過ぎていたのでストップがかかりました。支えられないんです。聞けばお相手は僕と同じ位の体格で60㎏近い方、僕が46㎏しかないことを知って驚いてました。おまけに、ウエストが細すぎてベルトが用をなさず、ズボンがブカブカで実技の動きですぐに脱げてしまうので、三角巾をベルト状にしてズボンを固縛して練習したほどです。

 

 

この辛さと悲惨さ、わかってもらえますか? 「お前が選んだ道じゃないか」と言われるかもしれないけど、夢を叶えるためにここまで耐えたことを知って下さい。

 

 

検定はほぼできていたので、多分大丈夫だと思います。

 

 

この知識も役に立つ場面が来ない方がいいに決まってますが、☆彡へ戻った時に役立てられるように、これからも自己研鑽を続けていきます。