Active English 1~14.Feb.2020

Hi,guys! It's Taka.

 

 

☆彡へ戻るための新たな作戦の一つである「英会話スクール」も、このブログを作成している時点で2回受講しています。

 

 

現在は週一回一時間に限定していますが、それでも毎回どんな話をしようかとネタ作りをしてクラスに挑んでいます。検証実験のアルバイト、業務に関することの整理、TOEIC対策などで正直ほとんど時間はありません。連日4時起きの22時頃就寝です。22時なんて早い方でそれでも頑張るのですが、その頃には頭は朦朧、肉体疲労も限界です。時間が足りないので、お仕事の休憩時間も辞書を片手に格闘しています。そんな感じで毎日を頑張ってますよ。

 

 

嘘を書きたくないので、ありのままにお話しします。これまでの受講で改めて思い知らされたことは、やはり「本物の外国人とのリアルなスピーキングの実戦経験が不足している」ってことでした。語彙力も圧倒的に不足しています。

 

 

リーディングはほぼ対応できていると思います。リスニングは正確に聞き取れているかという点で考えれば半々、何となくニュアンスが分かるかという点ではそこそこできていると思います。

 

 

聞き取れなければ「Say again,please!」などと言ってもう一度繰り返してもらったり、わからない単語などが出てきたら「Could you spell that for me?」などと言ってボードに書いてもらったりと、とにかく無言の間を作らないように、わからない部分をわからないままで終わらせないようにしています。他にも受講生がいるので迷惑をかけてしまっているかもしれないけど、それくらい外国人相手に食らいついています。

 

 

絶対に☆彡へ戻っていつか国際線カウンターに立とう!と決めたから、失敗を恐れずにとにかくたくさん話してたくさん恥をかこう、恥をいっぱいかいて覚えようと毎回必死で頑張っています。どうしてもお仕事終了後になってしまうので疲労感マックス状態の中での受講になりますが、それでも毎回本当に楽しくやっています。

 

 

「全く聞き取れない…全然上手く話せない…」と試練を受けることも多々あります。昔の僕ならすっかり気を落とし、お酒でも飲んで部屋に閉じ籠ったはず。それと比べれば、今の僕は輝いていると思いませんか?笑

 

 

「きっと☆彡の人たちが僕の姿を見ていてくれている、いつかきっと僕の努力を認めてくれるはず…」そう自分に言い聞かせているからこそ頑張れるのかなと。そんな姿を大好きなあの人が見ていてくれていたら…。

 

 

今はまたまだレベルは低い。でもそれは、これから伸びる「伸びしろ」があるということ。諦めずに頑張ります。

 

 

Bye!